所要マイクロ波電力の算出法

前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む
A 計算例

処理量毎分10(kg)で平均比熱0.5[kcal/(kg・℃)]の被加熱物を、初期温度20(℃)から80(℃)まで、60(℃)上昇させる場合、マイクロ波電力P1は次のようになる。

(2) 水分乾燥の場合

@ 理論計算結果

水を含んでいる初期温度T(℃)の被加熱物を100(℃)まで加熱・昇温して、水分を蒸発・乾燥処理させて含水量W1(kg)をW2(kg)に加熱時間1時間で蒸発・減少させることとする。この場合に必要な熱量Q0(kcal/h)は、次式の通りとなる。

0=Co×Mo×(100−T)+W1×(100−T)

+539×(W1−W2) (kcal/h) ・・・・・(21.3.3)

ここで、

Co;物質の絶乾時の比熱[kcal/(kg・℃)]

Mo;物質の絶乾時の処理量(kg/h)

となる。

尚、(21.3.3)式中の数値「539」は大気圧の場合の水の気化熱であり、処理圧力を変えた場合は、圧力相当の気化熱の値を利用する必要がある。

算出された熱量Q0(kcal/h)よりマイクロ波吸収効率ηを加味したマイクロ波電力P1(kW)を求めるには下記(21.3.4) 式を用いる。

P=1.16×10-3×Q/η (kW) ・・・・・(21.3.4)

この場合も吸収効率ηは加熱の場合と同様に70(%)程度とする。

尚、1(時間)に水1(l)を加熱・蒸発処理するのに必要なマイクロ波電力は、吸収効率を「0.7」とすると約1(kW)となる。この「1(h):1(kg):1(kW)」の関係を知っておくと非常に便利である。

前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む