マイクロ波加熱の応用例

前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む
D 食品害虫の殺虫

最近食品販売の分野では食の安全、衛生の中で食品害虫の食品への混入が大きく問題になっている。食品害虫の駆除方法としては、燻蒸法が一般的に使用されているが、この方法の欠点の一つとして食品に燻蒸剤が残留する可能性があることである。近年、より安全で効果的な防虫対策として工場全体(設備機械を含む)を外部と仕切り、熱風により室内温度を上昇させ、長時間保つことにより殺虫する試みもなされている。

食品の原料となる農作物には、各種の成虫・幼虫・卵などがしばしば混入している。最終製品の中で繁殖し、消費者からのクレームになることが数多くある。代表的な食品害虫には、小麦粉やピーナッツ、クルミ、アーモンド、シイタケ、ゴマなどを食害するマダラメイガ、乾燥野菜やナッツ類に発生するコクヌスト、ヒメマルカツオブシムシ米によく発生するコクゾウムシ、その他にダニ類などが挙げられる。

これらの食品害虫に対しマイクロ波殺虫は、安全性が高く、短時間にしかも確実に殺虫処理できる特徴を有する。例えば、乾燥野菜では分単位の殺虫時間で層圧60mm程度で図19.3.6 のようにベルトコンベアにて連続供給・搬送常態で殺虫することが可能である。
殺虫工程に利用されている出力数kW〜数十kWのマイクロ波加熱装置での殺虫処理は、穀類を始め、各種乾燥野菜、各種粉末製品、菓子類、乾燥麺類など広範囲に渡って行なわれており、食品に混入する害虫に対し充分な殺虫効果を現わしている。

図19.3.6 コンベヤベルト上の被処理物
図19.3.6 コンベヤベルト上の被処理物

E マダラメイガ類の殺虫効果
マダラメイガは体長10mm前後で、雌は雄よりも大型である。乾燥野菜類、ピーナッツなどの豆類、菓子類、ゴマ、七味唐辛子、各種香辛料などに混入し、目につきやすい食品害虫である。生育条件に恵まれた場合は、卵から成虫まで25〜30日間という短時間で終了する。幼虫は穿孔能力が強く、又、運動能力も高いため、プラスチックフィルムなどの食品包装を食い破り包装内に浸入することもあり、害虫が包装外から浸入したのか…?包装内からの発生したのか…?で色々問題になる害虫でもある。この場合もマイクロ波加熱は有効な殺虫手段として利用されている。
尚、図19.3.7にゴマ粒中のマダラメイガの幼虫を示す。

図19.3.7 ゴマ粒中のマダラメイガの幼虫
図19.3.7 ゴマ粒中のマダラメイガの幼虫

前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む