マイクロ波加熱技術KnowHow

前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む

15.マイクロ波加熱技術のKnow How

15.1 電圧定在波比(VSWR:Voltage Standing Wave Ratio)

マイクロ波加熱装置は導波管の一方にマイクロ波発振機を、他端に任意のインピ−ダンスの負荷(照射部)を接続したシステムとなっている。もし、この負荷インピ−ダンスと導波管の特性インピ−ダンスが等しければ定在波の発生は無いが、等しくない場合にはマイクロ波エネルギーの一部が反射し、入射波との合成で定在波が発生する。

導波管内の定在波の発生状況についは図15.1.1 に示している。これは負荷インピ−ダンスによって変る電圧(E)、電流(I)の定在波を示している。

(a)は受電端部が開放された場合

(e)は受電端部短絡の状態を

(c)は導波管及び負荷インピ−ダンスが等しい場合

(b)・(d) はそれぞれの中間状態を示している。

図15.1.1 負荷インピーダンスに対する電圧・電流の定在波
図15.1.1 負荷インピーダンスに対する電圧・電流の定在波
前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む