マイクロ波加熱装置の基本構成

前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む

7.マイクロ波加熱装置の基本構成

マイクロ波加熱装置を構成する基本的な機器類は、マイクロ波エネルギーを発生するマイクロ波管であるマグネトロン或いはクライストロン、それらマイクロ波管を収容及び動作させるための電源・制御部などを収容したマイクロ波発振機、被加熱物にマイクロ波エネルギーを照射し加熱処理する部分であるマイクロ波照射部(オーブン)、マイクロ波発振機からマイクロ波照射部へマイクロ波エネルギーを伝送する接続導波管、加熱システムを制御する操作・制御盤などから成っている。尚、接続導波管の途中には必要に応じてアイソレ−タ、パワ−モニタ、整合器、固定分配器、マイクロ波切替器、スライド導波管、可撓導波管などを装着する。

図7.1.1 はマイクロ波加熱装置の基本的な構成機器のブロック図を示し、表7.1.1 では各種のマイクロ波応用機器の概要を説明している。

図7.1.1 マイクロ波加熱装置の基本構成
図7.1.1 マイクロ波加熱装置の基本構成
前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む