マイクロ波加熱

前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む

以上のような分極は、種々の機構の合成として現れるもので低い周波数では全ての分極が発生、周波数が高くなるにつれて界面分極→配向分極→イオン分極→電子分極の順序で分極がそれぞれの電界の変化に追随出来なくなってくる。このある周波数帯での誘電分極の急激な変化、即ち誘電率の急激な変化を誘電分散と称し(周波数と共に増加する場合を正常分散、周波数とともに減少する場合を異常分散という)、その周波数近傍で大きな誘電吸収を起こすことになる。図6.1.2 はその様子を示したもので、電子分極は紫外線領域で、イオン分極は赤外線領域で起り、配向分極の異常分散はマイクロ波帯で起こることを示しており、ここでの現象を利用するのが誘電加熱である。

図6.1.2 誘電分極と誘電吸収の周波数による変化
図6.1.2 誘電分極と誘電吸収の周波数による変化
前のページへ戻る このカテゴリーのトップへ 次のページへ進む